昨日は朝から大名の便祭り。。。

朝シャンを終え、大名まだ起き出してきてないよね?と

こっそり台所からのぞいたら、大名がリビングから寝室に戻るところだった(@_@;)。

紙パンツを変える前にどっかに座られてしまったか(>_<)と思いながらも

自分も風呂上りで身動き取れないので大急ぎで着替えてリビングへ。

廊下を見るとトイレが全開(*_*;

トイレを見るとコロコロ便が!トイレットペーパーで拭いた形跡も無し

慌てて寝室を開けたら・・・久々の地獄絵図(←リハパン上げずに

下半身丸出しで寝転がってるの図)

うっぎゃ~(>_<) 便がコロコロで良かった・・・でないとそこらじゅうに便が付着してたことでせう。

これが午前8時前。その後、何度も排便介助をしたのだが、

「拭くから出たら教えてね」とドアの前で待機してるのに、自分で拭いてしまい

手に便がべっとり、その手をタオルで拭いてあり、便器にも便付着。

どっひゃ~~~

それを片づけたら今度は、拭かないまでは良かったのだが、

わざわざ立ち上がっちゃって、替えたばかりのリハパンと尿取りパッドに

ボットン!!と水分含んだ軟便が。。。。

きばってる認識はあるようだけど、便が出ているのか否かは

本人は全然わかってないご様子(+_+)。

結局長らく溜まっていた便が一区切り分、出終わったのが午後3時。。。

じがりだ~ (T▽T)。まっ、大名も相当お疲れのご様子でしたが(^_^;)。

思わず「お疲れさまでした!」って言っちゃった(~_~;)。

使い捨てビニール手袋を使ってるものの、お尻に挟まった便を掴んで取ったり

本人が後ろから前に拭くため、こびりついた便を丁寧に拭き取ったり

排泄の様子を見なくてはいけないのはけっこう辛し(T▽T)。。。


今朝はトイレで昨日治療した巻爪の確認をしてて、

尖ってる箇所をヤスリで削ったりして差し上げたのだが、

排尿後に「ペーパーで拭いてね」と声かけしたら

足の指を拭こうとしてびつくり(@_@;)。

そこじゃなくてこっちだよ て教えたら正解の場所を拭いた後、

そのまままた足の指を拭こうとして、、、全然指示が入らず(>_<)。

先日は手を拭くタオルがたまたま大名の名前が書いてあるやつで

ペーパーでその名前の部分を何度も拭いてたな (*_*;)。


そんな大名殿は今日からショートステイ!!!

嬉しいー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3年前のなな婆♡

002_201405261406072e9.jpg

このころはなな婆を若いと思ってなかったけど、すっごく若いのぉ(゜-゜;)

やっぱり目が見えて耳が聞こえてると表情が全然違うね。

今は亡き祖母も耳が遠くなってから表情からいきいきした感じが

無くなったもんなぁ。


スポンサーサイト

今朝はデイサービスの日なのに大名全然起きてくれず(いつものことだが)。

兎にも角にもリハパンと尿取りパッドを替えて排尿させてズボンを履きかえさせないといけない。

ベッドから体を起こしても全然だめだったので仕方なく抱えてトイレへ。

何度もトイレマットに座り込んでしまうのをなんとか便座に座らせたが、

当然ながら今度はズボンを下げれない。

仕方ないのでその状態で少し目を覚ましていただくため、飲み物を。

そう、どうにもならないときは薬を飲んだり、髪の毛を梳かしたりの身だしなみは

便座に座った状態でやっちゃう。でなきゃ間に合わない。

トイレで飲み物なんて考えたことなかったけど、薬も飲ませないといけないから

迎えまでの短時間に全部済ますにはこれしか方法がないのじゃ。

なんとかリハパンとズボンを履き替えさせたけど、またベッドのへりに移動さすのは

お互い労力の無駄になるので仕方なく迎えが到着するまでトイレで過ごしていただいた。

大名はピンポ~ンの直前まで寝てたので、玄関への手引き歩行もままならず、

靴を履きながら座り込んでしまい、後ろから抱え上げてなんとか車椅子に。

体重36キロ前後しかない大名でも土嚢のように重たく感じる、、、

本当に介護って力仕事でもあるのぉ。

最近自分の手指の変形性関節炎が、4年前とは違う指で始まったのもあり、

介助のときに体重をかけられると指関節が痛いなりよ(>_<)。

傷めないように介助するように気をつけねば。

なな婆の目がどのくらい見えていないのか

わからない(゜-゜)。

左目は過熟白内障だから光は届いてないし、レンズも外れかけてるから

まず見えてないはず。

右目の白内障も進み相当反応が悪くなってるけど

光と影はまだ部分的には見えてるようで

時々鋭い反応があるし、散歩時に道路を渡る段差を、明らかに

確認したうえで昇り降りするときがある。

でも全然見えてない。。。と思う時も多々あり、

ん~(>_<) 謎である。

レンズの白い濁りがママに来ますようにと念じながら

なな婆の顔にチュッチュしてるけど。。。効かないのぉ('_')

005_20170727194800a04.jpg

おとといからなな婆がヨロヨロしてる。

昨日は左側によろけてるのが見受けられた。

また前庭神経に原因があるのかな・・・。

ほんと、3日元気!のち 3日ヨボヨボ なペースの気がする。


ふと思い出した。

自分も4年前に突然右側によろけてしまう症状が出たことあったなぁ。

歩いてると「あらら?」って右に右にヨレていってしまって。

寝そべってるときに天井が漫画で描くようにぐるんぐるん高速回転したときは

ぅわあーーーー(>_<)!! こんなの日常生活おくれないじゃん!!!

って焦ったけど、高速回転は運よくこの1回だけで済んだ。

よろける症状は数日で治まったような。

なな婆がよろけてしまうときって同じような感覚なのかな。。。


前から悩んでた腎臓用療養食、いったんロイヤルカナンから

デイリースタイルドッグフードの腎臓サポート用に変えてみることにした。

多発性腎嚢胞は進行してしまっているけど、正常な腎機能を

少しでも長く維持したい。効果があるといいな。

あと、たっくんのフードを森乳のフィッシュ&ポテトから

アーテミスのシニアライトに変えてみた。

前者にとくに不満はなかったけど、本犬がかなり食べ飽きてるようなので。


シンクロしてる~(*^_^*)

001_20170723074113e10.jpg


今朝は認定調査員の来訪日。

大名、廃人のような表情でソファに座ってて

調査員の問いかけにも声を出さなかったので

最初、寝たきりレベルと思われてた模様。

私への聴き取り調査も終盤にさしかかったころ、

大名がだいぶ覚醒してきたので、話しかけて

最初に出来なかった手脚の可動確認もでき、よかったよかった。

最初の様子のままだと要介護度4~5に判定されかねないとこだったかも(汗)。

実態と合う要介護3の判定が出ますように。





なな婆が錯乱を起こしてから16日が経った。

1日1日が濃くて、もっと経ってるように感じるな~。

錯乱が原因だったのか、9日になな婆の頭が、

若干だけど右側が下がってるのに気付いた。

高齢犬に起こりやすいと言われている前庭疾患か、、(>_<)。

吐いたりとかしんどそうな様子はなかったけど、歩くときに右側によろけることもあった。

心配だったけど14日には傾きが無くなってた!

やはり一時的な前庭疾患だったのかな。

タイミング的に錯乱と関係はありそう。

そして、右目の白内障もいよいよ厳しいようで

光が前よりさらに届かなくなってしまってる様子(>_<)。


サプリのおかげか体調はすごくいい♪

でもその反動なのか前みたいにヨボヨボの日もたま~にある。。。

本当に一喜一憂。

錯乱後に使い始めたもの↓

001_20170719163707661.jpg

アズミラのメガオメガー3は以前使ってたけど、なんとなくフェードアウトしてたのだが、

腎臓にいいと知り、再開した。

あとはね、肝心の用腎臓療養食がね・・・(+_+)

腎嚢胞が出来てからロイヤルカナンの腎臓サポートを食べさせてるのだが

どうもロイヤルカナンって評判がいまいちなんだよなぁ・・・

というか、動物病院に置いてある外国製の有名な療養食のほとんどが

非常に評判が悪い。。。

で、前から気になってた国内の獣医さんが監修してる腎臓療養食のお試しを購入。

これは続けてみたいのだがいかんせんお高い(@_@;)。

正直、、、続かないっす・・・。

どうするか迷い中。。


このタイミングでもうすぐ11歳になるクッキーにも

アガリクスと犬康食ワンをあげてる。

もともと健康優良児なので効き目があるのかは全然わからん。


僕カメラはいや。。。

005_2017071916551387d.jpg

だからイヤだって。。

004_20170719165511aa7.jpg

これならどうだ!

007_20170711143731718.jpg
「(゜-゜)・・・」











今朝起きたら 「?」 なんか右耳の下か

右あごの付け根に違和感(゜-゜)。

なんや?と思い耳の辺りを触るとちょっとプクっと腫れてる。

ピアスしてて耳の下がぼっこり腫れた経験は数回あるけど

この数か月ピアスしてないし、耳たぶも普通。

なにかしら?と思ってたら2時間後には熱もってパンパンになってきた!(@_@;)

私って子どもの頃おたふくにかかってなかったような・・・

でもおたふくじゃない種の耳下腺炎かもしれないし・・・

とりあえず内科に行ったら、熱もないならおたふくではないでしょうと。

そして耳下腺炎ではなく顎関節炎ではないかと。

ん~・・・なんかしっくりこないけど、、、(+_+)。

とりあえず抗生物質を5日分処方され、これで治らなかったら

歯医者に行ってとのこと。(顎関節は歯科領域)。

ここ数日かなりだるいけど、天気のせいか、冷房のせいか、

更年期のせいか、ただの疲れか全っ然わからないし。

とりあえず抗生物質で腫れが引きますように(>人<)。


今日は以前担当してもらってた美容師さんがいる美容院に

お初で予約入れてたのに、、、残念だわ。


なな婆は今日も元気に散歩して食べて寝てる♡

今朝は散歩の動画を撮ろうと思ったのに、メモリーカードを

入れ忘れて撮れず(倒)。もう~私のバカ(>_<)!

なな婆はなぜかサプリの効果が数日で出る仔だから(←本当)、

その効果もあるのかな?あるといいな。気のせいじゃありませんように。

あ、お試しで犬健康食ワンプレミアムも注文して服用開始しとります。

クッキーもキングアガリスクの匂いにスンスン興味深々だったので

ふりかけてみたら普通に食べてた♪

とりあえず今はニカショウハーブをいったん休止して、

キングアガリクス、Ken Dogをメインにワンプレミアム、ときどきアンチノール。

あと、なな婆にアズミラのメガオメガ-3を再開(←腎臓病にいいとあったので)。

次回血液検査とエコー検査の結果でまた考えることに。


さて、ちょっと横になろうかな、腫れ引かないし



昨日はいつも以上になな婆を注意深く見ていたけれど、

無事、何事も起こらずいつものなな婆でひと安心


そして今朝の散歩にて♪ クッキーは昨日3か月ぶりのトリミングでツンツルに。

002_201707050941466bc.jpg

003_20170705094148e93.jpg

やっぱりお散歩は好きだよね♡ 家の中より足どりしっかりしてる。

004_20170705094149673.jpg

なな婆に何種類かサプリをあげているけど、新しいものを試してみようと

Ken Doc と キングアガリスク(お試し用)を購入。

効き目があるといいなぁ。

今年の何月かは忘れてしまったけど、クッキーが玄関に向かって爆吠えしたとき

それに反応するかのようになな婆が突然吠えて、発狂したように走りだし

滑って転んで、異常な興奮状態になり、慌てて抱きしめて落ち着かせようとしたのだが

まだ興奮状態のまま餌を食べ、途中失禁しながら ということがあった。

その時は20分くらいで落ち着いたんだったかなぁ。

目もほとんど見えず、耳もすっかり遠くなってたのが

たまたまクッキーの声が聞こえ、まるで目も耳も健康だったころの記憶が

一気に蘇って興奮しちゃったのかと思うような出来事だった。


そして今日、外出先から帰宅したときに寝ていたななちゃんに

ただいまの意味で「ななちゃ~ん」って撫でたら

ムクっ!と起きたと思ったらワン!!ワン!!!と大きく吠えながら

玄関に向かって突然走り出し、右に曲がって娘の部屋に転がりこむように入って、

慌てて追いかけて出てきたなな婆を落ち着かせようと抱きしめた。

でも悲しそうな声で吠え続けてる(>_<)。

本当に悲しい声だった。

そうだ、これって言葉に表すと錯乱状態じゃない

普段ヨボヨボとしか歩けないのにアドレナリンが出てるのか、とにかく

動こうとする、でも見えてないから怪我したら大変なので

抱きかかえたまま、フードをあげたり、声かけたり色々して

落ち着くのに30分くらいかかったかな。。。

途中、昨日の通院で背骨の変形による痛みがもしひどそうなときにと

念のためにと院長が頓服薬を処方してくれてたのを思いだし、

鎮静効果があるのかわからないけど、痛み止めってなんとなくそういう効果もあると思えたので

とりあえず口に入れてみた。

そして3時ごろにはいつも通りベッドに横になってたのでほっとした。

なのに5時頃、突然起き上がってまた悲鳴をあげて走り出した(>_<)。

最初と同じように吠えながら玄関や色んなところを走る。

抱きかかえて落ち着かせようとするけど一向に落ち着く様子はなく

どのくらい経ったかはわからないけど、全力で走ってしまいそうな

興奮状態ではなくなったのでとりあえず腕を離すと、小走り気味に

家中をウロウロ、ウロウロ。なにかを探すような顔でひたすらウロウロ。

不思議なことに玄関のたたきには降りない。

玄関まで行くとUターンしてリビング、台所、和室、廊下、玄関を繰り返す。

いろんなとこにぶつかったり挟まってもいたけれど。。。

こんなに小走りしてるなら外の空気を吸ったら落ち着くかもと思い、

念のために娘と二人で外へ散歩に (クッキーは自宅待機)。

が、やっぱり相当な興奮状態のようで20分近くずっと小走り。

普段のなな婆は牛歩だからこれは異常(>_<)。

頓服薬が効いて、痛みを感じないからの勢いもあるのか。

いつもならおやつポイントでこっちのことをグイグイ引っ張って

足を止めるのに、一心不乱に小走りしてる(>_<)。

あんまり体力消耗させても良くないと思い、落ち着かないまま帰宅。

帰宅後も家の中を足腰しっかりした状態でウロウロし続けてた。

この状態で病院に連れてってもどうにもしようがないし、

でも、電話して錯乱状態のときの注意点だけでも聞こうか、、、。

とりあえずネットで調べたら、認知症でパニック、錯乱、興奮状態が出ることもあるとあった。

あとは考えたくないけど脳腫瘍とかてんかん発作の可能性もあるのかな・・ (>_<)。

迷ったけど、頓服薬の持続時間だけでも教えてもらおうと電話した。

受付の看護師さんに錯乱状態の事をこと細かに話してるうちに

やっと!なな婆が落ち着いてテーブルの下で伏せの体勢になった。

錯乱が始まってから完全に興奮状態が消えるまで1時間15分(>_<)。

看護師さんに話して確認したいことも聞いたので終わりと思ってたら、

院長が代わってくれて「今度また錯乱状態になったら動画で様子を撮って見せてください」と。

そっかぁ・・・そのときは焦ってるから動画を撮るなんて思いつかない(>_<)。

それに錯乱状態で全速力で走ろうとするななを止めないとどこに激突するかわからない。

「わかりました」って言っちゃったけど、やっぱり爆走するなな婆の撮影はできないと思う(>_<)。

しかし、こんなに動き回ったら明日かあさってのなな婆は筋肉痛でいつも以上にヨレヨレに

なっちゃうだろうなぁ。。。








今朝、なな婆の様子が明らかにおかしかった

朝ごはんの用意をしてても起き上がらず。

いつもは私が起きる前から目をらんらんとさせて待ってるのに。

ずっと寝てるから無理矢理起こしたらヨレヨレで

なんとかお皿の場所まで介助して連れてきて

匂いに気づいて、全部食べはしたけど、

途中腰砕けになって、食べ終わっても目が虚ろ。

右目は若干瞬膜が上がってるし・・・

9時から予定が入ってたのでそれが終わった1時間後、動物病院へ。

様子を話したらとりあえずレントゲン検査と血液検査をすることに。

(診察では熱中症とか脱水症状はなかった。)

待合室で待ってたら、「レントゲンで気になる部分があったので

超音波検査もしますね」と看護師さん。

なになに?やめてよ

しばらくしたら呼ばれたので結果を聞きに診察室へ。

血液検査は今までとさほど変わらず。

胆泥症のため肝臓関連の数値は高いままだが、腎臓の数値は正常の範囲内。

レントゲン画像では加齢による脊椎の変形で神経に障ってる箇所があり、

数か月前からの足がふらついたりこけたりするのはそれが原因でしょうと。

で、臓器エリアは靄がかかってる感じのところがあり、原因は

腎臓の形がおかしくなっているためとのこと。

そして超音波検査では、腎嚢胞がかなり悪化しており

胆泥もかなり増えていた。

そして今まで問題なかった脾臓に腫瘤が見つかった(>_<)。

院長曰く、7割は良性とのこと。残りは悪性ということ。

針生検をするには全身麻酔をかけなくてはならず、

高齢で腎嚢胞がかなり悪くなっているなな婆にはリスクがあると。

腎嚢胞が進んでる割に数値は正常(=腎機能は正常)なのが、

全身麻酔により腎機能が悪化する可能性があると。

麻酔薬は直接腎臓に行くらしく、術前は腎機能に問題なかった仔が

術後に腎機能が悪くなることもあるらしい。

なな婆が抱えてる胆泥症、腎嚢胞、脾臓の腫瘤では

今は腎臓を一番に考えないといけないと。

緊急性の高いオペなら選択の余地はないけど、

今の状態ならこのまま様子見のほうが、腎機能も維持できて

残りの犬生を楽しく過ごせる・・・。


院長は外科手術の腕がいいと昔から評判だった人なので

その院長が言うのだから、今は全身麻酔をしないほうが

本当にいいんだと思う。

全身麻酔をかけるなら今がラストチャンスとも言われた。

リスクを侵して全身麻酔をかけるなら、当然胆嚢も摘出してほしい。

でも脾臓と胆嚢の摘出はかなり大がかりな手術になると。

リスクを侵して摘出した脾臓が良性の腫瘤だったら、

そのために腎機能が悪化してなな婆の状態が悪くなったら

手術したことを後悔するだろうし。

当たり前だけど、高齢のため、手術は成功しても予後がいい保証はない。

去年かなぁ、なな婆の胆嚢はあとどのくらいもつか聞いたら

3年って言われたんだよなぁ

今回のエコー画像では胆泥がかなり増えているため、

前ほど胆泥が動く隙間がある状態でないのは明らか。

胆嚢がダメになったときに手術だと、今よりさらに麻酔のリスクが高いわけで、

麻酔をかけるなら今がラストチャンスって言われたってことは・・・

どうすればいいんだろ

でも、なな婆が笑顔で過ごせる時間が長いほうがいいに決まってる。

院長も今すぐに決める話じゃないからと言ってたので、

もう少し考えるけど・・・。

なな婆、帰宅後もしんどそうでぐったりしてた

心配でたまらなかったけど、夕方から少しづつ元気が出てきて

ちょっと安心。



うちに来た頃はこんなに富士額くっきりのやくざ犬だったのにね。


001_201405261358113a5.jpg


| ホーム |


 ホーム  » 次のページ